印刷

行事週間の歴史

【行事週間】
この名も本校独特のものであり「短期間に小石川高校の三大行事を行う」という生徒の思
いつきからつけられたようです。そして、大正9年に前述の3つの行事が行われた時に初め
て用いられました。しかし、その後三大行事がそろって行われる年はほとんどなく、これら
が一斉に行われるようになったのは昭和28年以降のことです。さらに、昭和45年以降行
事週間中には授業をせず、生徒が専心できるような環境が整えられ現在に至っています。
行事週間では、毎年「立志・開拓・創作」の三校是と「自由」を掲げて諸行事に取り組ん
でいます。また諸行事は生徒の自主性の尊重に基づき、生徒自治の形がとられています。生
徒はそれぞれ「秩序」と「責任」を持ち、より良いものの創造をめざして一生懸命取り組ん
でいます。
【芸能祭】
大正8年、本校が府立第五中として開校した同年に、紫友会の主催で「学芸会」が開かれ
ました。昭和4年には、英語部と弁論部の合併である学芸部所属の生徒たちによって主催さ
れるようになり、終戦直後「芸能祭」と名を変え現在に至っています。
当時の学芸会は、バイオリン、チェロなどによる名曲の演奏や、自ら英訳した「ロミオと
ジュリエット」の上演など充実した内容で、地域の方々の評判も大変よかったようです。
現在の芸能祭では、部活動参加のほかにオーディションを通過した一般団体の出場もあり
ます。また、2年創作ダンスや職員によるコーラスなど、幅広い舞台が楽しめます。さらに、
運営担当の文化・放送両委員会の手で照明・音響が駆使され、まさに年々充実していると言
えます。平成11 年からは文化・放送両委員会から構成される芸能祭実行委員会が設置され、
また最も優秀な団体に「芸能祭大賞」が贈られるようになりました。

【体育祭】
この行事も大正8年に始まっています。当時の「運動会」は、昭和4年「体育デー」と名
を変え、昭和18年まで続きました。戦後には以前の「運動会」で落ち着いていましたが、
昭和42年「体育祭」と変わり現在にまで続いています。
競技内容は、昔も今も、クラス対抗の球技大会と陸上競技大会で構成されていますが、現
在リレーと特別種目以外は、「予備大会」として行われているのに対し、初期の運動会ではこ
の両大会を同時に行っていたようです。当時は、教職員も生徒たちと一緒に競技し、あちこ
ちから笑いと拍手が起こっていたとあります。現在では、予備大会での得点が本大会での持
ち点となるため各クラスの力の入れようは大変なものです。また、大会の団体種目も独特の
ものが多く、リレーや予備大会の種目とともに練習と応援で盛り上がっています。
【創作展】
この行事は、開校翌年の大正9年に開かれた「夏期休暇記念展覧会」に始まります。さら
にその翌年には「創作展覧会」と名を変え、しだいに「創作展」となり現在に至ります。
夏期休暇記念展覧会は夏休み中に生徒たちが自由に研究・製作した作品の発表の場でした。
翌年にはさらに多方面からの出品を求め、その中には小川未明・土井晩翠ら有名作家の原稿
や、特許を得て実用化された製品もありました。また、当時の新聞に掲載されたり、3千人
を越える見物人が訪れ、相当に注目されたようです。当時は個人作品が多かったようですが、
現在ではクラスが一致団結して、総力としての「創作」を繰り広げています。
「創作展賞」というものは、「第一回創作展覧会」からあったようです。当時は優秀作品に
対し、メダルや賞状が贈られました。これは現在に引き継がれ、生徒の意欲をかきたててい
ます。

 

〒113-0021 東京都文京区本駒込2-29-29
電話 : 03-3946-7171 ファクシミリ : 03-3946-7397